忍者ブログ
◆Xbox 360 およびゲームの話題が中心です◆面白い英語ゲーム記事の URL を下のメールフォームから送ってもらえると翻訳できるかもしれません (ご期待に添えない場合あり)
[6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

図解 近接武器 (F-Files) (単行本) 大波 篤司 (著)

今日本屋で立ち読みしたんだけど、これおもしろい。

割と有名な、日本刀と西洋の剣の違いとか(柔らかいものをぶった切ること前提の刀 VS 金属アーマーの上から攻撃するための半鈍器として使用する剣)にはじまり、入門書的な見た目とは裏腹にすごく内容が濃い印象でした、立ち読みだけど。

PR
Game Design Cognition: The Bottom-Up And Top-Down Approaches [Gamasutra.com]

<<ゲームデザイン認識:ボトムアップアプローチとトップダウンアプローチ>>

すっごく乱暴に言えば

「このギミックを活かしたゲームを作りたい!」的手法 と
「こんな感じのゲームを作るにはどんなシステムがいいだろう」的手法だと
どんなメリット/デメリットがあり、どんなことを意識する必要があるのか、説明してみよう

という記事なのかしら。
まだ1回流し読みしただけなので誤解してるかも。

現在、通勤中に W-zero3 で絶賛要約中。
もしあなたが Gears Of Warビューティフル塊魂をプレイ済みであるか、
またはその内容をよく知っていて、なおかつニコニコ動画のアカウントをお持ちであれば
これを見てください。



ツボがぼくとちがったらごめんなさい。
Big In Japan: D3 Publisher Takes On The U.S. [gamasutra.com]

PS2 の Simple 2000 シリーズ (およびそのファンキー具合) や地球防衛軍、おねえちゃんばらなんかが有名な D3パブリッシャのUS法人の偉い人がインタビューを受けています。
(人によっては K1 とかのリングにのってるスポンサーロゴのほうが記憶に残るだろうか)

EDF の何がそんなにおもしろかったのか、US での活動の抱負、日本のゲームシーンについて、Dead Head FredDark Sector なんかの裏話もちらちら。インタビュアーが割と思ったことをずかずか言っているのでおもしろいです。

しかし米国法人がオリジナルタイトル作ってるのは知らなかったです。不勉強。
そういえば Xbox Live Arcade で Puzzle Quest 体験版やったときもD3のロゴが出てたような出なかったような。

少しステレオタイプな西洋人的質問に対して は氏が mmm... とか言っていてリアルだなあとおもいましたまる。
Live! ゲーマータグ

ooLYEoo です。登録歓迎!

bana.gif

360 SNS 参加中!

被はてブ

LYEのはてブ

最新コメント
カレンダー
09 2017/10 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カウンタ
Blog 内検索
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © 灰汁 それが 私 All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]