忍者ブログ
◆Xbox 360 およびゲームの話題が中心です◆面白い英語ゲーム記事の URL を下のメールフォームから送ってもらえると翻訳できるかもしれません (ご期待に添えない場合あり)
[189] [188] [187] [186] [185] [184] [183] [182] [181] [180] [179]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

最近のゲームなどについて。

+ + + + + + + + + +

えーっと GoW はカジュアルをクリア。ハードコアはまだ1面終わりくらい。
オンはぜんぜんやっていませんがオフだけでもかなり面白かった。

シューター系のゲームのストーリーモードクリアしたのはこれが初めてなのですが
初めてが GoW ってえらい贅沢ですね、すんごい映像美だった。

カバーを活用してダメージを抑えながらエイムして射撃して、残り弾数気にして、周囲に気を配り (撃つと破裂するガスボンベとかあるし)  戦況を把握して、進むと。
それだけなんだけどすげー面白い。

すげー初心者な感想で申し訳ないのだけど
あ! 敵だ→カバー&目標あわせながらライフルに持ち替え→→ヘッドショット!
とか決まるともうホントすげーきもちいい!

どこかで読んだものの中で、開発元 Epic Games の偉い人が
「FPS だと一人称視点だからどうしても "壁に隠れて狙撃する" 動きをカコヨク/リアルにできなかったが、GoW (GoW は三人称視点・TPS) でそういう "隠れて撃つかっこよさ" を実現したかた」
と言っていたように覚えているのだけど、それマジ実現されています。
これは面白い。

残酷さはウワーと思うこともあるけど (Z 指定は妥当だと思うけど) 残酷エフェクトOFFオプションもあるし、別に慣れたらどうということはなかったッス。



そして今週末、かねてから気になっていた地球防衛軍3を購入。
同じ TPS 視点ですがこちらはだいぶ毛色が違う。

もともとがSIMPLE2000シリーズだったので
各種チープさをネタとして楽しめないときついかもしれないのだけど、
僕はかなり楽しんだ。
よい意味でのゆるい感じとバカさが楽しい

一部を除き敵の攻撃は痛くないので、敵から適度に離れつつ左右にピョンピョン跳ねながら射撃しまくり、ロケット撃ちまくり、グレネード投げまくり。

敵の数が尋常ではないので範囲攻撃できる武器で一掃するとスカッと爽快。

味方 NPC がギャーギャー喋るの聞いたりするのもおもしろかったし、
軍の放送で自分の部隊がめっちゃ褒められるのもべったべたのヒーローものみたいな物言いでおもしろかった。

協力プレイはフレンドリファイア (味方にも弾が当たる) ありなので、誤射とか自爆で死んであひゃあひゃ笑ったり。

あと、地味に協力プレイの画面が横割りじゃなくて縦割りなのはいいなと思った。
GoWだと左右の視界が狭いのはきついからしょうがないけど、防衛軍は空撃ったりするしレーダーに敵が映るから縦で正解だと思うッス。

総合的には、攻撃が銃火器の三国無双、といったノリだろうか。




まさか自分がこんなに据え置き型ゲーム機にはまるとは・・・。
おそろしや。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
Xbox面白そうだなぁ
俺もやってみたくなってきた
あお 2007/02/26(Mon) 編集
無題
来年度もしかしたら、
XNA Game Studio Expressを教材にした
授業があるかもしれなかったり。
それで自作したゲーム動かせそうなら、
箱○買うかもd(-w-
Luin(なの 2007/02/26(Mon) 編集
無題
>>あおさん

買うなら絶対通常版オススメ!
HDDとワイヤレスコントローラはとても良いです

>>なのさん

買うなら絶対(ry
おほーお金払ってXNAメンバーシップゲットすればなのさんのゲームができるのか!

と言って購買欲をたきつけるテスト
LYE 2007/02/26(Mon) 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Live! ゲーマータグ

ooLYEoo です。登録歓迎!

bana.gif

360 SNS 参加中!

被はてブ

LYEのはてブ

最新コメント
カレンダー
04 2017/05 06
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カウンタ
Blog 内検索
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © 灰汁 それが 私 All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]