忍者ブログ
◆Xbox 360 およびゲームの話題が中心です◆面白い英語ゲーム記事の URL を下のメールフォームから送ってもらえると翻訳できるかもしれません (ご期待に添えない場合あり)
[12] [11] [10] [9] [8] [7] [6] [5] [4] [3] [2]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

去年この人の小説を何冊か読んだときにめぐり合った一冊。

通勤中、電車に乗っている間は常に本を読んでいるので
同じ小説を2度3度読むことはザラにあるのですが
やっぱり何度も読む小説ってのは何か惹きつけられるものがあるんですね。

そう思ってなくてもぼーっと何度か読んでいると
「ああ、惹かれているな」
って思い当たることがある。

この本もそんな感じでした。

+ + + + + + + + + +
Amazon レビュー引用:

内容(「BOOK」データベースより)
人類がはじめて月を歩いた春だった。父を知らず、母とも死別した僕は、唯一の血縁だった伯父を失う。彼は僕と世界を結ぶ絆だった。僕は絶望のあまり、人生を放棄しはじめた。やがて生活費も尽き、餓死寸前のところを友人に救われた。体力が回復すると、僕は奇妙な仕事を見つけた。その依頼を遂行するうちに、偶然にも僕は自らの家系の謎にたどりついた…。深い余韻が胸に残る絶品の青春小説

と。
そんでもって読者レビュー:

月の住人である、と自己主張する少年。自分の出自を限定しないところ、心の奥の暗闇をもってして自我を確立しようとしている少年の傑作青春小説です。ライ麦畑とか、村上春樹とかが好きな人は必読だと思う。
 主人公の男のわけわからなさとか、とらえどころなさが心地よく、それでいて感情をずんずんと揺さぶりかけてくる。作中作で言われているとおり、すべてが偶然によって起こっているのだが、それを違和感なく読ませるのは作者の技か。傑作です。

ああ、確かに僕は村上春樹大好きです。
だが青春小説大好きだったのか。
これを書いていて気づかされるすこし恥ずかしい事実。

で、すばらしい読者レビュー(僕の言いたかったことが
カナリクッキリ書かれているぜ)を紹介したところで僕がこの小説を好きな理由。

時代的には僕が生まれるよりも前の設定でしかもニューヨークの話、
感情移入しにくいだろうなと思ってたのに、
そんなもの飛び越えて主人公の思考の方向性と
青くささ、素直 (あえて「素直」と言おう) さに共感できたところ。

読み進めていくとどうしょうもなく懐かしくて恥ずかしい。
いたくすぐったいけど気持ちいいってのが青春小説なんだろうか(Mというな)。
もちろんただ懐かしいだけで終わるはずもなく、
物語としての完成度が高いのも好きな理由のひとつ。

日曜日の午後の日差しとか、雨の日の体にしみる寒さとか
本を読むだけでくっきりと頭に浮かぶ。
もちろんあんなに冒険と驚嘆に満ちた青春なんて過ごしていないけど!


古本屋で見かけたら買ってみてください。
(この本を古本屋で買うのはちょっと不思議な感じかもしれない。詳しくは作中で!)

※※※豆情報※※※

訳者の柴田 元幸さんは東大の助教授で、
文芸翻訳では結構有名な人のようです。
(村上春樹と"翻訳"をテーマにした対談をまとめた「翻訳夜話」という本も出している)

たまたまポールオースターの他の名作、「In the country of last things」を先に英語で読んでいて、
もう自分の中にイメージができあがってからこの人が訳した同書邦題
「最後の物たちの国で」を読んだらイメージが重なりすぎてびっくりした。

この作品が楽しめたら、ジャケ買いならぬ訳者買いできる人です!





先生、Amazonに頼ることなく本の画像を使いたいときはどうすればいいでしょうか!
画像が無料でつかえるなんて!みたいな感じでプログラム参加したんだけど
本の訪問販売みたいでいやなんだけど・・・
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
オースターと村上春樹がストライクゾーンなら
ジョン・アーヴィングのホテルニューハンプシャーとか
ツボなのかもしれない

でもおいらは村上春樹は苦手
uta 2006/05/13(Sat) 編集
無題
アーヴィングは少し読んだんだけど
その時点ではすこし硬くて入っていけなかった
スルメのように年取ってからじゃないと美味しさが分からないのかもしれない

村上春樹が苦手な人がいるのはよくわかるなあ

ってutaさんアメリカ文学詳しい人?
他にお勧めあったら教えてくだしあ
lye 2006/05/13(Sat) 編集
無題
アメリカ文学って聞かれるとサリンジャーくらいしか
思いつかないくらいに読書量少ないです。
そもそもカテゴライズするのが嫌いな性格のでなんとも。
村上春樹の書いた本でアメリカ文学のエッセイがあった気がするので
その辺から探したほうがいいかもしれません。

アーヴィングを読んで硬く感じたんならサイダーハウスルールを
始めに読んだのかなと思った。違ってたらすまそ。あれはスルメ。
とりあえずニューハンプシャーは読んでみてください。
uta 2006/05/14(Sun) 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Live! ゲーマータグ

ooLYEoo です。登録歓迎!

bana.gif

360 SNS 参加中!

被はてブ

LYEのはてブ

最新コメント
カレンダー
08 2017/09 10
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カウンタ
Blog 内検索
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © 灰汁 それが 私 All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]